ベーカー&マッケンジー法律事務所外国法共同事業の口コミ・評判

http://www.bakermckenzie.co.jp/

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Lawyer's INFO(ローヤーズインフォ)
平均評価:  
 5 reviews
 by 70期代の者
良くも悪くも日系感

元々が、東京青山青木という日系の法律事務所がベーカー&マッケンジーというネットワークに組み込まれてできた事務所だから、外資特有のドライな雰囲気がなく、和気藹々としている。
ただ、外国人弁護士と所内で話しながら仕事をする機会はほとんどなく、読み書きの英語のみが上達するという典型的な日本人の英語力の磨き方になる。その意味で、悪く言えば外資系法律事務所としては中途半端である。
渉外案件をたくさんやりたいし外資に憧れるが、英語を話しながら仕事をするに抵抗を感じる人にとっては選択肢の一つに入るだろう。

 by P

偶々何度かプロダクトを見たことがありますが、水準はあまり高くない印象です。勿論人によるとは思います。

 by 四大中堅パートナー

大手に入りたいが四大はイヤ、という人が選ぶこともあるとの話だが、その内実はかなり国内事務所っぽいようだし、パートナーもローカルパートナーがほとんどということらしいので、それなら普通に四大にいくか、あるいはもっと外資っぽいところに行った方がいいように思う。

 by 75期予定の生物

外資系ではあるが、純ジャパにも広く門戸を開き、採用活動をする。もちろん、面接では英語学習の意欲がしつこく聞かれるし、それ相応の努力は必要だが、組織内でも英語を使う環境なので、英語案件に携わりたい人には帰国子女でなくても非常に魅力的な環境。特に、結局四大などで留学のため英語を勉強する人が多いので、事務所選びにおいて英語を過度にハードルとみる必要はない。もっとも、完全に国内の訴訟案件や倒産案件は少なくなる。一年目はローテーションだが、その後は部門制となる。内定者は6-8人程度と思われる。

 by 外部者
日本的な外資系事務所

外資系事務所全般にあてはまることではあるが、四大と同等の条件で、四大ほどは激務ではない印象。

ベーカーの特徴としては、もともと東京青山・青木法律事務所と統合されてできたという経緯があるので、他の外資系事務所よりもクライアント層やマネジメント的な面で日本の事務所に近い印象がある。

相対的に、良い事務所というイメージ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。