TMI総合法律事務所の口コミ・評判

http://www.tmi.gr.jp/

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Lawyer's INFO(ローヤーズインフォ)
平均評価:  
 43 reviews
 by 四大アソ
下記でも出てますが

もし留学行く方であれば、四大よりも補助はかなり出ると聞きました。僕が聞いた限り、四大より数百万程度(500万ぐらいでしょうか)は多いとの噂。
そこら辺加味すると、留学行く方の場合、四大とアソレベルでの待遇差はあまりないかと思います。
ただ、パートナーまで行くと、待遇に少し差はあるのかなと思います。それでも、推測ではありますが、5000〜1億ぐらいなら十分達成可能かと。逆に、5億とかになると四大じゃないと厳しいかと思います。
全般的にTMIの待遇面は上昇傾向らしいですし、同期の話を聞く限りは良い事務所かと思います。

 by 四大のアソ

四大アソですが、最近のTMIのアソの待遇は四大というほど変わらない気がします。TMIの友人がいますが、アソの場合は四大が4年目1800〜2000、TMIが1600万とかのイメージでしょうか。四大よりもギスギスしてる印象がなく、特に同期とかの絆は深い気がします。いい選択肢だと思います

 by 四大中堅パートナー

確かに成長を遂げている事務所ではあるが、四大と比べるとかなりアグレッシブな値段設定(悪く言うと安すぎる見積もり)で仕事を取っている印象もあり、人数の拡大のペースと、各弁護士の構成員の厚生(経済的なもの、ワークライフバランスを含め)の上昇のペースが果たして一致しているかどうか。申し訳ないが、人数が増えても、ここを四大と同列ととらえる人は少ないかと。

 by 75期生(予定)
他の5大にはない魅力

新進気鋭な感じで熱い心を持って働いてる人の多い事務所だとおもった。新しい分野への挑戦は常にしており4大事務所と同程度にも関わらず未だベンチャーの用な新しさがあるのはここならではの魅力だと思う。

 by 若手
あまり話題に上らないが採用の質は保っていそう

四大で働いてますが、他の四大と比べてTMIが話題に上る頻度は少ないです。

一つには、扱っている案件のセグメントが若干異なるためTMIが相手方に出てくることはほとんどなく、仕事ぶりを評価する機会がないためと思います。

またTMIはサマクラの選考がなぜか厳しく、自分も縁がありませんでした(他の四大は通ったのにここだけ落ちました)。サマクラに行くと、内部者でなくても何となく雰囲気は分かるので、サマクラに行っている人が少ないのも話題に上り難い理由かと。

同期を見ている限り、こんな人を入所させたのかと驚くような人はあまりいません。他の四大を蹴ってあえてTMIに行く人は珍しいですが、結果として入ったメンバーを見れば、ある程度成績上位者でちゃんとしてる人が多いです。

四大以外だと、シティユーワとTMIが最も採用の質を保てているイメージです。

 by 75期予定の生物

オリンピック関連やブランド関連など、面白い案件が回っている。事務所の大まかな雰囲気としても四大と変わらないイメージ。採用担当の期の方のカリスマが強くてよい印象だったが、それ以外は「普通に大手だなあ」と感じるくらいで全体的にこれといった特徴があるのかはわからなかった。

 by 知り合いの勤務先
噂について

コロナ対応についてここで色々問題になっていたので、知り合いの弁護士に聞いてみたところ、「前回の緊急事態宣言の対象期間中はもちろんテレワークだったし、少なくとも今は業務内容や家庭状況に応じて、割と柔軟に対応しているよ。テレワークを認めないような風潮があるとは、自分は思わない。」とのことでした。噂は一人歩きしてしまうものだなぁと感じるとともに、現に勤務されてる弁護士に聞いてみるのが1番正確な情報が得られると思いました。

 by ロー生

先日、TMIの先生とお話しする機会がありここであがってることを聞いてみると、半分くらいはそれはちょっと違うなぁって感じだったので、話半分くらいに見といた方がいいことも割とあるようです。とりあえずその人は仕事は大変だけど、事務所に愛着はあるし、自分はいい事務所だと思うとおっしゃってました。
TMIや他の事務所等の内部っぽい口コミをみると、どこの組織にも合う合わないはあるようですが。。

 by 匿名
トップのカラーが強そう

公式ホームページの動画等を見る限り、トップのカラーが強そう。結構な高齢なはずなので、トップ後の展開が気になる。
https://www.tmi.gr.jp/about/history.html

 by 内部通報者
クールビズなんてものはない

四大事務所では近年導入されているクールビズなんてものはなく、男性弁護士はクライアントとの会議のときに限らず、常にスーツを着てネクタイを着用することが義務付けられます。そのため真夏の蒸し暑い時期は地獄になります。

Page 1 of 5:
«
 
 
1
2
3
4
5
 
»
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。